1. HOME
  2. 麻生人
  3. 麻生歴6年 尾田川 亮さん

よみもの

麻生人


開放的な雰囲気と通いやすい立地、なんといっても「明るく楽しいスタッフが自慢なんです!」と自信を持ってオススメできる美容室ってイイと思いませんか?そんなアットホームなお店の店長さんが一番楽しく心地の良い方でした!

麻生歴6年 尾田川 亮さん

爽やかな笑顔が光る店長さんの元で働くスタッフはみんなイキイキ楽しそう。スタッフに信頼と期待を寄せて応援しているからですね!楽しくて希望があるお店には自然とお客さまも集うプラスのループが感じられました。

きっかけはカッコイイ!そんなモン!

麻生で働き始めたのはいつですか?

6年前くらいからです。僕は横浜出身なんですけど、妻の実家が新琴似にあって、子どもを育てるなら北海道が良いなと思ってこちらに来たんですよ。
それまで北海道に来た事もなかったんです。


美容師を目指すキッカケは?

3つ上の姉が美容師をやっていたので影響されました。
姉は高校を卒業して美容専門学校に進学、その時僕は高校生だったんですけどカッコイイなと思ったんですよね。
渋谷の美容専門学校に行って、渋谷でバイトもしていたので単純に憧れました(笑)。
憧れってそんなモンです(笑)。
僕は専門学校へは行かずに通信教育で資格を取って、姉が勤めていた美容室で働かせてもらいました。

従業員が辞めないという事は、、、居心地が良いから!

窓が大きくて開放感があって明るいですよね。麻生店のコンセプトや強みなんかを教えてください。

このお店が立ち上がって8年、僕が入ってきて6年になりますけど、従業員がほとんど辞めないんですよ。
社長の人柄が大きいと思いますね。ウチの売りの一番はスタッフです!
立ち仕事なので大変だと思われるんですけど、みんな動きやすい靴に履き替えたりして工夫していますよ。
昔ながらの厳しい世界とは変わってきているので、時々はラクしていこうという感じになってきているんです。
店内は広いし、バックヤードも大きいし、より開放的なムードが作りやすいのかなと思いますね。


スタッフを育成する立場として心がけている事は?

店長になったのは今年5月からなので、まだまだ勉強中です。
人を育成する事はまだ馴れていないので、上司がまとめてくれて、僕が上司に代わって会議に出席するという感じで、役割を分担しているんです。
何でも助けてくれるので非常にありがたいです。

スタッフには、人当たりが良くて気持ちのイイ人間になって欲しいと伝えているんです。
時代と逆行しているようですけど、カットが上手な人というより、人柄の良い人が人気を集めるんじゃないかなと。
人柄が良いとたくさん指名してくれる、指名が多くなるとスピードアップして自然と技術が向上する。
お客さまに相談されたり、期待されるとうれしいので自主的に学ぶんですよね。

お客さまと話す事が楽しいんです

これまで努力してきた事はどんな事でしょうか。

それほどはしてこなかったですよ(笑)。
皆さんが一般的に思っている程大変な仕事ではないと思います。
アシスタントの時は辛かった事もありましたけど、今は楽しい事の方が多いですよ。
唯一心がけている事は、お客さまの話を聞く事ですね。
僕も話したがりなんですけど、聞きながら話そうと心がけています。
お客さまに気持ち良くなってもらうという事が一番重要だと思っています。


これはうれしかった~という事は?

お客さまが家族と一緒に来てくれた時とかですね。
例えば、最初はお母さん、その後に娘さん、その弟さん、旦那さん、そして息子の彼女さんも来てくれたんですよ。
そう遠くない時に娘さんのお子さんも来る事になると思うんですね。
誰と話をしても家族の話をするので、その家族に仲間入りしたようでうれしいですよね。
誰か失敗したら全員来なくなる可能性はありますけど(笑)、みんな気に入って頂けているんだなと思いますね。
美容師さんはすぐ移動したり辞めたりするイメージがあると思うんですけど、長く働いているから安心して家族で来て頂けるんだと思っています。


尾田川さん的接客業での極意とは?

やはり、お客さまに不安を抱かせない事。
施術中にちょっと不安そうな顔をしたら、極力安心してもらうように会話をしながら修正していきます。
例えば、パーマをかけて濡れた状態だと、モジャモジャしててビックリされる時があるんですよ。
そんな時は乾いた後は大丈夫だという事を笑いを交えながら安心させる方向に持っていったり。
顔色と空気を感じながら臨機応変に対応していきますね。

尾田川さんが見た麻生

麻生という街はどのように映りますか?

近くに住んでいるんですけど、居酒屋が多いなという印象です。
それと、最近は子どもが多くなってきたと思います。
僕には息子と娘がいて保育園に通っているんですけど最近分園をしたぐらい。
北区は60代と30代が多いらしいので、30代の世代だと小さい子どもがいる率が多くなるのかなと思います。
札幌駅まで10分ですし、大体何でも揃うので住みやすい街ですね。

女性が働きやすい職場でもあるんです

産休育休のスタッフさんが多いんですね。

今年一年間では3人が産休育休だったんです。1人はもうすでに復帰しました。
3年前に初めてこの制度で社員が休暇を取ったんです。
僕の上司だったんですけど、一番の売上げがあった方で、戻ってこられる環境を自ら作ったパイオニアなんです。
お店側もその方に辞められてしまうくらいなら、制度を使って復帰して欲しかったんですよね。
2部社員制度というのもあって、子育て世代や、体調面で長時間働くのが難しい社員などが、通常よりも2時間短い勤務時間で働いています。
時間が短くてもみんなイイ仕事をする人たちばかりなんです。
美容業界でも随分増えてきたと思いますね。
時代でもあるんですけど、今は男性より女性美容師の方が人気があるんですよ(笑)。


そうなんですか!?

やっぱり女性のほうが「共感性」が高いからだと思います。
技術の上手さを求めている方はもちろんいらっしゃいますけど、多くの方は友達と話すような感覚で生活の一部として来ている方が多いと思います。
男性美容師からしたら脅威の存在です(笑)。
今は男性目線のアドバイスとかは昔ほど必要とされていないですし、同性で若くてかわいくて人当たりも良かったら、そりゃ負けますよ(笑)。
30代になってくるとだんだん結婚したり子どもを授かったりしますけど、同時にバリバリ働く時期でもあるのでお店は離したくはないんです。
お客さまとしても、長い間安心して任せていた人がいなくなると困りますし、いつか戻ってくると思えばずっと通ってくれるんですよね。
そのうちお店に託児所を作りたいですよ!
それくらい女性の働き手が欲しいんです。

未来は若者に託し、その応援はぬかりなく

これからの目標などを教えてください。

僕の後輩3人(右側写真)を自分と同じ位置にまで引き上げたいと思っています。
一番伸び代があって人柄も良くて面白い3人なんですよ。
お店の発展はこの子たちにかかっていると思います。
人材を育てて系列店を任せるという手法を取っているので、後々はこの3人に出店してもらう事になると思います。
早く任せてあげたいので期待しているんです。


これから美容師を目指したいと思っている方へアドバイスはありますか?

今は、美容室の営業時間や休日などの情報が簡単に知れるので、頭で考えてしまう事が多いと思うんですけど、まずは飛びこんでみてほしいですね。
そんなに辛くはなくて、むしろ遊んでいるような楽しい感覚で仕事が出来るんじゃないかなと思うんです。
お給料は確かに最初は低いんですけど、自分次第で増やしていけるし、人とのつながりを広げていけると思います。
同じ美容師でも働き方のスタイルがあって、カッコ付けたい人はそうしたらイイし、家庭的な方、素朴な方、オタクを売りにしている人もいます。
個人が持っている技術なので、それを武器にチャレンジできる可能性もあるし、世界に飛び出す事だってアリだと思います。
実際に海外のストリートで1000人の髪を切る挑戦をしてブログにUPしている20代の方がいるんです。
自分次第ですごく楽しくできる仕事だと思いますよ!

麻生人

麻生人バックナンバーを読む

麻生歴6年

尾田川 亮さん

美容室フレンズ麻生店店長。神奈川県横浜市出身。結婚を機に奥様の地元である札幌に転居。それまで縁もゆかりもない土地だったそう。お住まいも麻生近隣との事、尾田川さんにとって北海道の中心は麻生なのかもしれませんね。

▲広々として明るい店内。リラックスするにはもってこいです!

▲左から野村香奈江さん、佐藤佑弥さん、波能せりなさん。フレンズ麻生店期待のホープです!尾田川さんはもちろん、この3名にも会いに来てください!

▲炭酸泉で汚れを落とし、パーマやカラーの持ちもグーーンとUP! 一度は試してみてくださいね!

▲成人式の着付けも受付していますよ! セットアップ・メイクもご一緒にいかがですか? 記念すべき20歳の祭典を輝かせます☆