1. HOME
  2. 麻生人
  3. 麻生歴34年 一林 正志さん

よみもの

麻生人


ダイエー麻生店の地下1F。エレベーターの近くにある小さなお店。 靴が山積みの店の奥の方で、黙々と修理をしている姿が見えます。 もう10年?20年?いえいえ、もっと前からここにありました。

麻生歴34年 一林 正志さん

「お店が休んでいるのを見た事がない」「人柄もよく、腕も確か」
「顔を覚えてくれていていつも挨拶してくれるんです」などなど・・
麻生ナビアンケートで、ユーザーさんからの推薦が届いた「リペア」の一林 正志さん。
とはいえ職人さんですから、昔ながらの職人気質の怖い方だったらどうしよう・・と
少しドキドキしながらお店に行ってみると、皆さんの推薦通りのとても素敵な方でした!

28才からこの道ひと筋、気づけば34年。

このお店、ずっとあるような気がするんですが・・・
一林さんはいつからこのお仕事をやっているんですか?


お店自体は1977年のダイエーの開店当初からあるんですよ。
もともとは、義理の兄が営んでいました。
そこに、私が28才の時に弟子入りしたという訳です。
それまでは繊維の問屋で働いていたから、全くの異業種ですね。
最初は義兄の見よう見まねでスタート。2年間みっちり靴修理の基本を習いました。
30才の時、一人でこの店を営むようになりましてね。はや、32年たちます。笑

おおーーーっ。28才の時からいちば34年間ずっとここにいるんですか?
(思わず店の中をのぞき込む・・)


そうですそうです。場所も変わってないんですよ。
ダイエーの開店当時から来てるお客さんも多いですよ。
当時はお母さんと一緒に来ていたのが今は自分の娘と一緒に、とかね。
2世代に渡ってお世話になってます。
男性のお客さんは社会人になって退職するまでの数十年間、
仕事用の靴を持って通ってくれる事が多いですね。
退職しちゃうと革靴を履く機会も少なくなるんで、お見かけする機会は減ってしまいますが、
それでも冬になると、滑り止めを付けに来店してくれたりしますね。

手がけた靴の数を計算してみると・・

ちなみに、これまでどの位の靴を修理してきたんですかね。。

えーと、そう言われると数えたこと無かったですね。
1日平均20足として・・365日×30年だとすると219,000足?

・・軽く20万足を超えてますね・・汗
・・あははは。そうみたいですね。笑 
何万足、何十万足修理しても、
仕上がった靴を受け取った時の、お客さんの嬉しそうな顔を見るのが、
この仕事をやってて一番嬉しい瞬間です。
だからね、一足一足、私自身が納得して、
お客さまにお渡し出来る仕上がりを心がけています。

お店は一林さんの城。1年365日お店にいます。34年間、ほぼ休みなし。

ところで、お店は一林さんお一人ですよね。いつもお店にいるようにお見受けしますが・・?

ええ。ダイエーさんが今は年中無休ですからね。僕も正月からお店にでてますよ(笑)。
34年間、店を休んだ事はほとんどないんです。一度だけ体を壊して、医者からは
「仕事は暫く休むように」ってドクターストップがかかったんですけどね。
お客さんが靴を持って店に来てたら・・と思うと申し訳なくて。
作業はできませんが、せめて店番だけでもと、入院を辞退しましてね(笑)。
毎日病院と店をいったりきたりしました。
私が病院にいる時は妻に店に入って貰ってね。それ時以外は、ほぼ店に出てますよ。


そうなんですか。驚きました・・・!すごい!すごいですね。

娘がね、代わりに店番してあげるからたまには休んでゆっくりしたら?って
言ってくれるんですけど、ずっと店にいたから、休んでも落ち着かないですからね。笑

優しい娘さんですね。娘さんの言うとおり、お父さん、たまには息抜きが必要ですよ。笑

私ねえ、銭湯が大好きなんですよ。特に露天風呂。
仕事の事は一切忘れて、露天風呂に入っているのが至福の時間でね。。
それで、充分満足しております(笑)

今回、麻生ナビユーザーからの推薦があった事をお伝えすると
「長い間この仕事をしていますが、そんな風に思って頂けているとは
考えたことがありませんでした。本当に嬉しかったです」と一林さん。
家に帰って家族に話したところ、「お父さん、やっててよかったね」
娘と妻にそう言って貰えました。」と嬉しそうにお話されていました。
これからも、麻生に住むたくさんの人の足元を素敵に、安全に、守って下さいね。



合鍵と靴・傘の修理の店 リペア
札幌市北区北39条西4丁目ダイエー麻生店地下1F
TEL:011-709-2123




麻生人

麻生人バックナンバーを読む

麻生歴34年

一林 正志さん

ダイエー麻生店B1で、34年間、合鍵と靴・傘の
修理の店「リペア」を営む一林さん。
その人柄と丁寧な仕事ぶりで多くのお客さんから
信頼を得ています。

▲一林さんの7つ道具。30年間使い続けているというハンマーの持ち手はもはや掌サイズに!(横にある白木が新品の長さです)

▲一つ一つ、丁寧に修理を施し、靴を蘇らせます。

▲ダイエー麻生店地下1階の小さなお店で、34年間毎日作業。「一人で作業してるとね、お客さんが時おり差し入れ持ってきてくれるんです(笑)」