1. HOME
  2. 麻生エリア検索結果
  3. あさぶの居酒屋 八十吉 [居酒屋]

あさぶの居酒屋 八十吉[居酒屋]

札幌市北区麻生町5丁目7-3 5丁目ビル1F

お店からの最新情報

最新情報

2017/06/26 16:04

NEW!!

よろしくお願いします

寒いわぁ~

今年は暑いって言ったじゃん!
嘘つきぃ~

もう海開きしたのに行く気にもならないわぁ~
なんなん~古いオイラは大黒摩季の歌がループしていまーす
「きっと夏は来るゥ~」

#牛タンウマだれ焼き
#道の豚タレ焼き
#カニ味噌レバーパテ
#トマトのレモン漬け
#穂付きヤングコーン
#おじさん入荷
#アカハタ
#ハマグリ
#チヌ
#生カキ
席ありまーす
連絡お待ちしております



iPhoneから送信

レバ刺し、生牡蠣、黒まぐろ・・、日本全国から毎日届く旬の鮮魚。
常時入れ変わる100種の全国各地の稀少酒・銘酒。
今の季節だから食べられる、今だから飲める食材や酒を出すのが八十吉。
そんな一期一会をお楽しみ下さい。

写真

■「八十吉」story
いつもカウンターの奥で旨いモノを作り続ける「八十吉」のマスターは、
四方を海に囲まれた礼文育ち。
18の時、板前になろうと故郷を離れ札幌へ。ここから修行の道がはじまった。
20で上京し、四条流割烹の店に入店。6年間の修行で和食の基礎をしっかり叩き込まれた。
その後、札幌に戻り海産物のバイヤーとして活躍。
この頃に築いた全国の漁港とのパイプや人脈が、現在の八十吉の新鮮かつ旬の食材を支えている。

そして、礼文を離れて18年目の2011年、「あさぶの居酒屋 八十吉」が誕生。
念願の自分の店をスタートする地として選んだのは、
初めて札幌に出てきて新生活をスタートさせた場所でもある「麻生」だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八十吉自慢の魚や酒。
八十吉は日本全国各地の漁港から空輸で直接取り寄せる為、鮮度には絶対的な自信をもつ。
旬のものを美味しく提供する為には、手間や送料を惜しまない。
それが八十吉流でありマスターのこだわりだ。

酒類も日本各地に取引先を持ち常に取り寄せている為、店に出る酒もどんどん入れ替わる。
日本各地の様々な地酒、焼酎などを楽しむ事が出来るのも酒好きには嬉しい。
ワンカップ含め常時30種類以上の地酒、70種類の焼酎、リキュールは20種類と飽きさせない。
焼酎・リキュール類は一律550円。日本酒は、一律640円。
希少酒で本来はもっと高いものも「計算が面倒だからさ、一律で!」とマスター。
その他、ホッピー等の昭和の趣きを感じさせるドリンク、
珈琲ビールなどの変わり種なども是非味わってほしい。

仕入れ内容は毎日変わる。
その日その時期一番の食材が店に入るから、当然メニューも毎日変わる。
今日は、どんな何があるのか。それを楽しみにくるお客の為に
麻生ナビは勿論、ツイッターやブログ、facebookの更新も欠かさない。

さて。今日のおすすめは何だろう→→Check the facebook

◇宴会もご相談を
八十吉では希望と予算に応じてマスターが腕を振るいます。
※前々日迄にご予約下さい。
※4~24名様対応可 16名様以上は貸切OK。
※仕入れ状況によりメニュー構成が変更になる場合がございます。お問合せ下さい。

おすすめメニュー

  • 460円

    ひげニンニクの天ぷら

  • 590円

    蟹味噌の白レバーパテ

  • 640円

    田酒・十四代・獺祭・飛露喜・北勝など

アクセス&詳細情報

あさぶの居酒屋 八十吉

喫煙 駅周辺

札幌市北区麻生町5丁目7-3 5丁目ビル1F
TEL/011-716-6565
TEL/090-2817-1178

平均予算/3,500円
飲み放題/あり
座席数/24 カウンター6席、テーブル席6名様用×3卓
営業時間/17:30~24:00
定休日/日曜
駐車場/無し
オフィシャル情報/https://www.facebook.com/yasokti/

アクセスマップを見る

写真

▲男女問わず一人で立ち寄る客も多い。一人で来て、
店で親しくなって、またふらっと立ち寄る。
そんな使い方も出来るのが魅力だ。

写真

▲東京下町ではおなじみ、
昭和懐かし「コダマサワー」

写真

▲酒がすすむ!まぐろかぶと。

写真

▲日本酒好きが満足する
ラインナップ
レアものもあります

写真

▲マスター作、八十吉マスコットが出迎えてくれる。
名前はまだ無い。現在募集中。

このページのURL URLを携帯メールに送信する

QRコード